20%を超える金利は・・・

20%を超える金利は・・・

20%を超える金利はすべて違法、すべて無効となります。
利息制限法は、10万円未満、100万円未満、 100万円以上の3段階の金額で、それぞれ20%、18%、15%の範囲で利息・金利を制限しています。つまりその定められた利息を超える利息の約束と支払いを業者と交わしたとしてもそれはすべて無効となるのです。
ちなみに利息制限法は、元本10万円未満の場合「通常利息(1条)年20%・損害金(4条)年29.2%」、元本100万円未満の場合「通常利息(1条)年18%・損害金(4条)年26.28%」、元本100万円以上の場合「通常利息(1条)年15%・損害金(4条)年21.9%」と定めています。

2006年頃までは、ほとんどの消費者金融業者は、この法律に定められた利息を超えた金利を利用者から取るような違法な営業をしてきました。ただし、2006年12月の貸金業法等の改正があり、それ以降は大手の消費者金融業者や、クレジット会社を中心に利息の引き下げが行われてきました。
消費者金融業者は、いわゆるグレーゾーンな営業をしている会社が多いです。
大手やテレビCMでよく見かける金融業者なども違法な営業をしていたところがたくさんありました。でも、どうして違法な金利にも関わらず、ずっと営業し続けられたのでしょうか。 その理由は、利息制限法で定められた金利を超えた利息の約束や支払いは、民事上違法・無効になるはずなのですが、出資法の定める刑罰金利(29.2%)を超えない限り、刑事処罰(罰金、懲役)されないという点があったためです。つまり消費者金融業者は、刑事処罰を受けないのをよいことに、20%を超える違法な金利で営業していたのです。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です