ボディランゲージとしての英会話

英会話

英会話においては、非言語的なコミュニケーションが、特に重要であるということを認知している動きはほとんどありません。

例えば、自分自身が体調が悪く、それを伝えたい時に、困っているようなジェスチャーをすれば、十分に通じますし、嬉しい時はジャンプをしながら話せば、喜びは十分に通じます。拙い英語でも、それとともに、言語にこだわらない表現をすることで、しっかりと通じるということは、様々な言語を学ぶ上でも、重要なことであると言えるのではないでしょうか。会話にかかわらず、このような非言語的なコミュニケーションを得意としている人は、言語力までも、向上するスピードが速いというデータが出ているような気がしますから、積極的に活用してみるといいかもしれません。
間違いを恐れずに、まずは、英語で話してみて、それでも通じないようだったら、非言語的なコミュニケーションに頼りながら、会話を進めていくということが、重要だと言えるでしょう。

自分自身で思ったことを伝えるのは、最初はとても勇気がいることだとも、考えられますが、その期間を過ぎてしまえば、どんどん英語で話せるようになるし、話したいと思うようにもなるレベルが待っているわけですが、恥を忍んで、今はひたすら話しかけていくことが重要だと言えるでしょう。

英語で、特に悩ましいのは、冠詞とよばれるもので、日本語にはほとんど使われないということも、その難易度を高くしていると言われますが、これに関してあえて言ってしまえば、しっかりと間違えないで発音すれば、恥をかかないで済む場面が多いかもしれません。非言語的なコミュニケーションも重要ですが、このような、特に、重要な部分だけ逃さないように、きちんと練習しておけば、良いと言ってしまっても良いのではないでしょうか。結局のところ、どのようにして、常に 円滑にコミュニケーションを運ぶのかということを考えておくということが重要でしょう。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です