Uncategorized

地方誘客と五輪開催後の取り組みの成果について

更新日:

ロンドン五輪は首都においての魂魄な開催であったため、地方部へのインバウンド誘致の土台作りにも力が注がれたそうです。

これは五輪を誘致する活動中から首都と地方が協力する態勢が整備され、全英のすべての地方の代表などで構成され、まずは国民全体が五輪への関心を高め国民全員参加の五輪を実現し恩恵を最大化するために地域レベルで五輪関連の施策を支援していったそうです。

全英各地において多数の文化イベントが開催され、文化面での英国の魅力を全世界に訴えることに成功したともいわれています。
また、五輪開催中にも数百の海外メディアが英国の各地方をめぐるメディアツアーに参加し、英国全土の観光地鵜を網羅した聖火リレーをはじめとして数々の地方誘致が実施されていきました。

五輪後開催前より英国においては五輪だけでなく大きなイベントが続くこの数年の期間を海外に英国に売り込み観光s難行を振興させる大きな機会として最大限に活用することが謳われていたそうです。
代表的なものとして英国王室関連の行事で、女王の即位六十周年記念式典や、ロイヤルウェディングが挙げられるかと思います。
そして、五輪終了後には新たな外国人旅行者数と外国人旅行者の消費額についても目標が設定され、新たなインバウンド戦略がスタートしているとのことです。

この英国の取り組みの成果は訪英する外国人旅行者の数と消費額が順調な増加に現れているそうで、世界経済の不況による影響はあったものの、増加基調にあり、五輪の開催後でも落ち込むことがなかったそうで、インバウンド観光振興の土台作りに成功したといえるそうです。
特に五輪後に関しては一人当たりの消費額が増加傾向にあるとのことです。

-Uncategorized

Copyright© インバウンドの歴史と現在の訪日外国人の状況 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.