Uncategorized

継続性のあるキャンペーンとメディア戦略

投稿日:

英国がインバウンド政策を実施するにあたって重要な課題としたことが、観光訪問地としてのイメージの向上であり、これを達成するために長期的なプロモション戦略がとられたとのことです。

統一されたメッセージを関係者が協調して発し、また長期間に及ぶキャンペーンを支える予算として政府機関と民間企業が出資しあってキャンペーンを展開したことも大きいかと思います。

この長期的なキャンペーンと並行して五輪の開催年には文化、遺産、音楽、ビジネスなどそれぞれ多岐にわたる分野でのキャンペーンをビジネス分野、観光分野それぞれの政府機関が中心となって行われたそうです。

これは英国と関係の深い、日本を含む国々を中心に展開され、こちらも政府、民間企業によって予算を出し合い展開されていったとのことです。

五輪の終了後においてもキャンペーンは継続され五輪の記憶があせないうちに五輪の映像を使用して、英国をテレビやスクリーンで見た人々に訪英を促し、見たことを実際に体験してもらうキャンペーンを英国のインバウンド成長市場として期待されている八か国をターゲットに展開されています。

メディア戦略においては、比較的早期から実施されているそうで、毎年海外からのジャーナリストを招き五輪をはじめとした全英の重要なイベントに招待したとのことです。

この時、招待されたイベント以外の全英の重要なイベントや文化的・歴史的行事の開催地域の映像や・画像などの制作を行い海外の放送局に提供したそうです。
世界中のメディアに自国が制作した素材を提供することで、自国が伝えたい事や正しい報道がされていく基盤を作り、著名人の協力等も得て英国のイメージを世界中に浸透させることが行われていったそうです。

-Uncategorized

Copyright© インバウンドの歴史と現在の訪日外国人の状況 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.