Uncategorized

東京五輪に向けて海外の成功事例を参考に

投稿日:

政府は五輪をインバウンド観光振興の契機ととらえ、過去に同じく五輪をきっかけに外国人旅行者の誘致に成功した英国の取り組みを参考にしているそうです。

正鵠の観光行政は文化・メディア・スポーツの各省庁が企画の立案と予算を担当し、その下部組織の政府観光局がプロモーションを担当するという実施体制になっているそうです。

英国政府観光局は五輪の開催が決まった瞬間から単に開催期間だけでなく五輪の開催前・中・後すべての機会を英国を売り込み成長市場に進出し、既存の市場に対してはブランドを再構築することを明確にし、文化プログラムの展開や、バリアフリー化の推進、宿泊施設に対しては宿泊者からの評価を適切にフィードバックするなどデータの整備を行ったそうです。

さらに、観光収入が増加するという予測のもとに英国中の観光事業者が訪英プロモーションに参加し、国際的なイメージの改善や宿泊施設の質、観光産業に携わる人のスキル向上、何より五輪後も持続可能な観光振興にし全英に経済波及効果をもたらすことを目標としました。

これはシドニー五輪におけるオーストラリアの経験がもとになっているそうで、オーストラリアは過去の五輪開催都市の経験に関して綿密な科学的な分析を行い、五輪開催によって世界中からの注目を集めるという大きなチャンスを最大限に活用するための戦略を用意し、五輪の開催年に各地への誘客、五輪の観戦者に他の地域へ旅行してもらうためのパッケージの販売など多くのキャンペーンや予算を組んだものの、十分な成果が得られなかったといいます。

これは五輪が終わった瞬間にすべてのキャンペーンが終了したと勘違いしてその後に必要だった投資やマーケティング等を怠ってしまった結果であると自国の関係者が評価をしているそうです。

-Uncategorized

Copyright© インバウンドの歴史と現在の訪日外国人の状況 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.