Uncategorized

インバウンド観光振興への取り組みと重要性

投稿日:

日本政府は、海外の総客市場に対して、観光目的地に日本を選んでもらうために魅力のアピールや実際に日本に足を運んでもらうための働きかけ
を行っているそうです。

また、実際に日本への観光を選んだ旅行客に対する入国アクセスの向上や入国後の移動、宿泊の利便性や安全性の向上や、観光体験や病気・事故などいざというときへの支援なども民間企業や観光地などと共に行っているそうです。

また、2020年に東京五輪開催を控え、一定期間世界中から多くの注目を集めます。この機会を大いに活用することが、日本のインバウンド観光振興に多大なプラス影響を与える可能性があるでしょう。
また、過去の五輪開催国の経験を知ることによっても、日本のインバウンド観光を成長させていくために何をしていくべきか考えることもできるかと思います。

訪日観光客の増加によって観光業の生産や、雇用の波及効果はまだすそ野の広い産業であるといわれています。

しかし、日本人の国内旅行消費額は将来的には少子高齢化によって減少し、日帰りも含めた旅行自体に出かけることも困難な後期高齢者が増加していくことによって、市場も減少していくことが予想されています。

そのため、観光地にとっては訪日観光旅行客からの消費は今後大きな要素となっていくと考えられています。
これは外貨獲得を目的とするだけでなく、それぞれの地域が観光振興によって経済を活性化していこうと考えた場合、その波及効果を高めるために、その地域内での企業間取引を促進させていく必要があるかと思います。

旅行者が滞在中に支出するお金を可能な限りその地域内で循環させていくことによって生産波及効果や雇用の波及効果が高まってくるものと思います。

-Uncategorized

Copyright© インバウンドの歴史と現在の訪日外国人の状況 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.