Uncategorized

訪日外国人旅行者の特徴と消費動向の概要について

更新日:

訪日外国人旅行者の特徴に関しては政府機関が毎年調査を実施しており、その他にも様々な企業や調査機関が訪日前の旅行の移行の調査等を行っているそうです。

近年では、旅行会社の団体ツアー等を使わずに自分で予定を組み立てて来日する個人旅行者が増加傾向にあり、日本滞在中の動向が把握しにくくなっており、観光地にとってはあらかじめ受け入れる体制をとって置きにくい状況にあるということです。

個人旅行者は日本滞在中にスマートフォンなどを活用して、WEBサイト、SNSや旅行系のアプリからの情報を得ています。

そこで、これらの情報のの他にGPSデータなどを旅行者本人の承諾の元で旅行者の動向の把握、分析に充てる取り組みも始まっているということです。

これらの国や民間団体、企業がそれぞれに集めたデータの共有が行われ始めているそうで、観光分野だけでなく、社会問題の解決、経済の活性化等にも役立てられるような取り組みが進んでいく事が期待されています。

政府機関では乗員や1年以上の長期滞在者などを除く訪日外国人旅行者を対象に、
訪日外国人旅行者の消費の動向調査を出国時に行っているそうです。

これは、来訪目的や滞在日数来訪の回数だけでなく、旅行を手配する手段や、満足度、訪日中に何をして次回したいことなど、多岐にわたっての調査が行われているとのことです。

こういった調査によって、国によって小人数での個人旅行が多い傾向がある国と、団体でのツアー旅行が多い国があったり、SNSやWEBサイトなどの活用は個人旅行のほうが利用割合が高い傾向があることなどがわかったそうです。

また、リピーターとして訪日した際には、伝統文化の体験や自然文化の体験などより日本らしい文化の体験が求められていることも分かったそうです。

-Uncategorized

Copyright© インバウンドの歴史と現在の訪日外国人の状況 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.