Uncategorized

産業にとっての意義

投稿日:

日本における国内観光マーケットは、規模も大きく、成熟したマーケットであると言え、宿泊、交通、観光、レジャー施設、飲食店、土産物販売店、旅行事業者というように、ある程度決まった面々が、一定の習慣を基にしたビジネスを実施していると言えるのではないでしょうか。近年増加している外国人旅行消費は、こういったマーケットに新規参入者を増やしていきたと言われています。例をあげるとすれば、家電量販店やドラッグストア、化粧品メーカ一等がそうでしょう。これまでは新規の投資に消極的だった不動産の開発事業者といった媒体が、ホテルの建設などにも乗り出してきていると言われています。また、宿泊事業者は、国内旅行だけの取り扱いだけでは上げられなかった客室単価を、外国人旅行者という新しい需要に対応するため、習慣に縛られずに上げることができたという事業者も出てきたと言われています。これは、定番の旅行ルート上のホテルだけでなく、地域で外国人旅行者の受入れを積極的に行ってきた旅館にもみられている現象と言えるでしょう。主に日本人の海外旅行と国内旅行を扱ってきた旅行事業者も、大手が中心となってインバウンド観光に取り組むようになってきていると言われています。その他、外国人旅行者への対応を進めていく過程の中で、新しいビジネスが発生したという例も多くみられているようです。外国人旅行者用の周遊パスや民泊のサービス、また、外国人旅行者向けに体験型のプログラム等を企画するオペレーターや、多言語のカーナビゲーションシステムの導入、様々な観光情報サイト、翻訳・通訳サービス、旅行保険など多種多様なサービスが挙げられるのではないでしょうか。こうした動きが活発化し、外国人旅行消費をビジネスに取り込む企業は今後ますます増えていくと予想されるのではないでしょうか。

 

-Uncategorized

Copyright© インバウンドの歴史と現在の訪日外国人の状況 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.