Uncategorized

政府から民間への動き

更新日:

日本国内のインバウンド観光の振興は、どのような人々がどのように動いているのか、民間の動きに焦点をあてて見て行きましょう。もちろん、インバウンド観光の振興は「国」としての総合力が必要といえるでしょうから、政府と民聞が協力して行っている取組みが多くなっているようです。第一期の基本計画の訪日外国人旅行者数目標が達成されていなかった時期には、インバウンド観光に携わる地域や企業はごく限定されていると言われています。しかし、訪日外国人旅行者数が急増し、ビジネスとして取り組めるマーケットであることが広く認知され、また、政府が重要な成長戦略として観光政策を推進していくにつれ、インバウンド観光を自分達の地域やビジネスの活性化に活用しようとする人々が増えてきたと言えるのではないでしょうか。こうしたインバウンド観光振興に関わる媒体が増え、多様化していくということは、観光分野を取り巻く状況で絶えず起こってきたと言えるのではないでしょうか。観光分野での顕著な動きとしては、日本人の海外旅行と国内旅行で利益を得ている日本の旅行会社が、インバウンド観光への取組みに重点を置いているということではないでしょうか。また、今までは、観光レジャー、レクリエーシヨン施設、宿泊、交通、旅行事業の分野がメインであった事業者が、インバウンド観光に際し、旅行者の購買意欲を視野に入れたとされる、化粧品メーカーやお菓子メーカ一等の製造業も関与を強めてきていると言えるのではないでしょうか。このように、インバウンド観光が持続的に振興していくため、旅行者の目線に立って物事を見ることが重要となってくるのではないでしょうか。

-Uncategorized

Copyright© インバウンドの歴史と現在の訪日外国人の状況 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.