Uncategorized

南・東南アジア

更新日:

インド洋から南太平洋のオセアニアにかけての地域も、北東アジアと同じく、日本にとっては注意しておくべきインバウンド・マーケットでしょう。このエリアは、北東アジアに対し、南・東南アジアとして考えて行きましょう。この地域は、インバウンドに取り組んで行く中で、今後大きな成長を予想されるというポイントが期待できると言えるでしょう。東南アジアの国々は、経済の成長が大きく成長し、発展が目覚ましいようで、フィリピンでは、国民の平均年齢が若く、今後の人口増加が予想されると言われています。また、インドネシアは、現低所得者層が、今後、著しい勢いで中間層になっていくと予想されるでしょう。現材では ASEANの各国から展開されるインバウンド・マーケットは大きくないが、これからは大幅なマーケティング展開が予想されるため、さらなる発展を未来に見据え、長い目で調査して行く事が必要であると言えるでしょう。このことは、インドも同様でしょう。世界で二番目に人口が多いと言われているインドは、訪日客数が少ないが、将来、人口も増加し、国内総生産も上がり、世界の主要国に名乗りを挙げています。今後、中間層の大幅な拡大は間違いないでしょう。ではここで、未来を見据えた市場調査とはどういうものか例を挙げて見ていきましょう。ある会社が、ASEAN各国に提案を展開して行く時、その会社のグループの公式キャラクターを利用し、子どもたち(これからの顧客) にその公式キャラクターを愛してもらえるような手法が主流でしょう。つまり、文字だけで情報を伝えるのではなく、目などの五感で親近感を持ってもらい、子供たちが大人になり、また顧客としての展開を見据えて行くことも大切になってくるのではないでしょうか。

 

-Uncategorized

Copyright© インバウンドの歴史と現在の訪日外国人の状況 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.