台湾からの訪日観光客の傾向

続いては、台湾(Taiwan)から日本を訪れる外国人観光客の傾向を見ていきましょう。

台湾は昔から日本に好意的な方、いわゆる親日家が非常に多い地域としても知られています。
さらに日本からの距離が近いなどの理由もあって、台湾と日本を結ぶ格安のLCC便も多く就航しています。

2014年には台湾映画「KANO」(邦題:「KANO(かのう) 1931海の向こうの甲子園」)が台湾にて公開され、人気となりました。
この作品に日本の甲子園球場が登場することから、兵庫県へと旅行する台湾人観光客の数が急激に増えた模様です。
この作品のヒットによる観光客の増加は、インバウンドビジネスの成功事例のひとつだという見方もあるようです。

台湾では、中国などに比べるとネットが利用しやすい環境にあります。
そのため台湾のブロガーが書いているブログや各種SNSや台湾企業が運営する情報サイトだけでなく、日本の様々なウェブサイトに直接アクセスして情報を収集するという場合も多々あるようです。
また親日家が多い台湾では、日本国内で制作・放送されたテレビ番組も数多く放送されていることから、日本の最新情報を知った状態で来日するというパターンも少なくありません。

台湾から日本を訪れる外国人観光客は、団体での旅行を楽しむ方が半分近くとなっています。
また健康に対しての意識を強く持つ方の割合が高いため、そういった健康志向層の台湾人観光客へむけてのツアーも少なくありません。
例えば台湾で自転車が人気であることから、綺麗な景色の中を自転車で巡るサイクリングツアーなども多くの方に選ばれているようです。
他にも日本を訪れた際にドラッグストアなどに立ち寄り、各種健康グッズや医薬品を購入する方が多いとの統計データもあります。
医薬品などを買う台湾人の中には、その場で選ぶのではなく、あらかじめ調べておいたメーカーや特定の商品を購入する方も少なくないのも、日本の最新情報を収集しやすい台湾ならではの特徴だと言えるかもしれません。

台湾の食生活の特徴としてまず気を付けたいのは、宗教上の理由で食べることができない食材がある方が一定数存在することでしょう。
また宗教上ではなく健康上の理由で、野菜のみの食生活を送ることを選んでいるベジタリアンも少なくないので注意したいところです。

インバウンドニュース

扇 まゆ

扇 まゆ

インバウンドについてサイトを運営しています。 連絡先:admin@quebecchalet.net

免責事項

サイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、サイト運営元はその責を負いません。それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、一切の責任を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

インバウンドの集客なら

  • インバウンドの集客ならグローバルデイリー